Blog ブログ

自習時間の管理を徹底に!

シナプスでは、以前、「自習時間をどうすればいいかわからない」といった声があり、まったく自習時間を効率よく学習できてなかった生徒がいました。ご両親からも「うちの子は、まったく受験勉強をやったことがなく、何をしていいのかすらわからず、その点からご指導頂けますか?」と言われたことがありました。

毎年、そのような生徒はいます。そのため、シナプスでは、自習時間に何をしていいのかわからない生徒に対して、段階を踏んで、自分で学習出来るように指導しています。

少しずつ、自分でどのようにスケジュール管理をしなければならないか、出来るようになっていきます。

①なぜ自習時間が大切か

自習時間は、1日のほとんどを占めているため、その時間をどのように過ごすかによって、受験の結果を左右すると言っても過言ではありません。また、医学部にかかわらず、大学に入った後、自分で学習する必要が出てきます。そういったとき、教授が手取り足取り、あなたの学習状況をチェックし、「こうやって勉強すれば国家試験に合格できるよ」など、教えてくれません。自分で自習管理が出来ることが前提です。その後、仕事についたのち、「何を優先して仕事をすべきか」なども自習管理が出来ていると、簡単に優先順位をつけることが出来るのです。こういった観点から、自習時間は医学部受験にとって欠かせないものなのです。

②まずはどうやって自習管理するのか

まずは、教務がスケジュールを管理し、どの時間数でだいたいどの程度の問題数が解けるのか、どの程度暗記出来るのかを把握します。それがわからないと、計画倒れをおこすからです。その後、問題数とそれにかける時間を指定します。

つまり「自習時間と問題数」を考える作業をしてもらうのです。そのために、シナプスでは「学習計画チェック表」なるものを書いてもらいます。

これを書いて教務に提出してもらうと、問題数と時間数を把握することが出来ます。その管理を徹底することで、段々と自分で計画を立てられるようになります。

そこまで来たら、自分で計画表を作ってもらい、1週間の計画が自分の思った通りに出来たのか、評価してもらいます。

それだけではありません。

③自習の内容が一番大事!

その次は、「自習の内容」を指導します。実は、ここが一番大切なところです。今までのことも、他の予備校では、徹底して行えないことでしょう。人数を限定し、1人1人に指導を丁寧に行っているシナプスだからですが。そして内容ですが、単に、時間内に問題を解けばいいわけではありません。どのようにノートに解法をしているのか、どういった暗記方法をやっているのか、そこも指導していきます。ノートのコピーをとり、徹底的にチェックします。

白金台医進予備校シナプス 03-6450-4807 info@synapse-k.com